スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と六ペンス

月と六ペンス (光文社古典新訳文庫)月と六ペンス (光文社古典新訳文庫)
(2008/06/12)
ウィリアム・サマセット モーム

商品詳細を見る

まったりと読了。


ポール・ゴーギャンを題材としたモームの代表作。
でもゴーギャンをモデルとした登場人物ストリックランドは、実際のゴーギャンの人物像とは大分ちがうようですね。



読んでいる途中いつ「月と六ペンス」が出てくるのかと思ってましたが、読了しても出てこないので解説を見ると、ちゃんと書いてました。

前作「人間の絆」の書評↓

「ほかの多くの青年と同様、主人公フィリップは『月』に憧れつづけ、その結果、足もとにある『六ペンス銀貨』には気づかなかった」

この文句をモームが使用したらしいです。

「月と六ペンス」の意味は「月」が理想で「六ペンス」が現実の比喩。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。